1. トップページ
  2. 会社情報
  3. 代表者挨拶・経営理念
会社情報

代表取締役 開作 真人からの挨拶・経営理念

ご挨拶
開作 真人
代表取締役社長 開作 真人

「地域社会に地域の新聞を」
日本経済が急成長から安定期に入ったころ、サンデー山口は創業しました。
地域社会・経済が豊かになりつつあり「地方の時代」という言葉が盛んに叫ばれていた時代です。

その後、バブル景気そして崩壊、「失われた20年」を経て、「地方」を取り巻く環境は大きく変わりました。 私どもが本社を置くここ山口は、少子高齢化や経済のグローバル化によって疲弊する「地方」の、ある意味「モデル地区」だともいえます。

そんな山口から、「元気」を発信したい!
情報紙発行、地域ブログポータルサイト運営、文章(記事)制作、広告制作、各種デザインなど、「情報発信」に関するいろんな業務に取り組んでいます。 1人でも多くのみなさまと、ご縁をいただけたら幸いです。


(株)サンデー山口のご紹介・経営理念

まだ「フリーペーパー」などという言葉もなかった時代。元新聞記者だった創業者・開作惇が、CM収入によって収益を得る民放テレビ局をヒントに、「無料」の新聞制作を思い立ちました。

そうして、株式会社サンデー山口は、無料地域情報紙「サンデー山口」の発行社として、1978(昭和53)年8月に誕生しました。

「山口の方々に、地域の『本当に必要とされる情報』を厳選してお届けする」 創業時のスタッフたちは、そのような思いを強く胸に抱き、一つ屋根の下に集ったのです。

それから年月も経過、世の中は大きく変わりました。 今では、インターネットによって、世界中の情報が手のひらに集まってきます。

それだけに、「情報洪水」の中で埋没しがちな、地域における一つ一つの営みに、スポットライトを当てていきたい。

そして、都会にも負けないその魅力を、広く伝えていくお手伝いをしていきたいと、われわれ「サンデー山口」は考えています。


2013年9月
株式会社サンデー山口
代表取締役社長 開作 真人

【開作 真人の略歴】

1966(昭和41)年4月、山口県下関市生まれ、山口市育ち。
山口大附属山口小、同附属山口中、山口高校、北海道大学経済学部卒。
あの「イトマン事件」のイトマンを経て、1993(平成5)年(株)サンデー山口入社、翌1994(平成6)年11月に代表取締役社長に就任した。

記事公開日:2013年9月24日

その他のお申し込み、お問い合わせ
会社情報 サンデー山口の沿革・歴史

コピーライト サンデー山口
ページトップへ戻る
Page Top