1. トップページ
  2. 顧客作りのご提案
  3. 山口市内で広告・求人
顧客作りのご提案

山口市内で広告・求人されたい皆様へ

山口市内でここまで愛されている媒体を、
ぜひご活用ください。

サンデー山口の強み

山口市内の地域特性を生かした媒体・広告作りを

山口県の県庁所在地として、県の政治、行政、文化、教育などの機能が集まる山口市。私たちは、この地で一般市民の方に地域情報をお届けすることを目的に、 県内初の無料地域情報紙(フリーペーパー)「サンデー山口」を作り、1978(昭和53)年の創刊以来、約6,200号(2013年8月現在)にわたって山口市民の方々に 愛されてきました。ご愛顧いただいた理由は、良質で身近な地域情報を提供していることや、山口市ならではの 地域特性をつかんだ内容にしているからです。

どのエリアに、どんな方法で、どの媒体に広告・PRを行えば成果があがり、顧客がつくれるのか― 私たちは、クライアント様が共通で 抱えている悩みを受け止め、培ったノウハウや「山口市」という地域特性を踏まえたご提案をいたします。

山口市内での顧客作りのポイント

  • 山口市での顧客作りのポイント
  • 山口市での顧客作りのポイント
  • 山口市での顧客作りのポイント

人の動きが少ない山口市での効果的な広告を

長年愛されている媒体・サンデー山口
サンデー山口紙面

山口県のほぼ中央に位置し、平成に入ってから2度にわたる合併で最終的に1市5町(秋穂・阿知須・阿東・小郡・徳地・山口)が一つになった現在の山口市。

山口県内で最大の面積を有し、人口は約20万人です。また、県庁所在地として、山口県の政治、行政、文化、教育などの機能が集まり、古くから政治・行政を中心に情報は豊富でした。 ただ、1978年当時、県紙は不在で、地域のローカル情報も不足していたことから、一般市民が本当に必要とする情報を届けようと、県内初の無料地域情報紙(フリーペーパー)「サンデー山口」が生まれました。

それから35年にわたって、「市民に有益な情報を提供し、生活に活力を与えるお手伝いをする」というコンセプトで、本当に必要とされるキメの細かい情報を集めた紙面作りをしてまいりました。 それが受け入れられ、ニーズの多様化やインターネット等によるメディアの急激な進歩などによる環境変化の中で、変わらずご愛顧いただいています。

市民にとって良質な地域情報を

私たちは、発生したニュースをそのまま伝えるのではなく、その背景などの解説を入れたり、視点や切り口を変えるなどして、市民にとってどんな意味を持つ内容なのかも加えた記事にしています。 そうして作った「良質な地域情報」の提供を続けたことにより、山口市民の皆さまに愛読者となっていただけています。

人の動きが少ない山口市

また、山口市は全国的に見ても流動人口が少ない地域です。その人口流動率は0.49%(東京都中央区は5.85%)で、人の動きがとても少ないのです。そんな山口で35年間発行し続けているため 昔から同じ方に見続けていただいていることが多く、長期的な読者が多数いらっしゃるのです。

こういった特長をもつ山口において、市民の方へのPRに最適なのは「サンデー山口」を活用いただくこと。もちろん「サンデー山口」だけが手段ではありませんが、山口市で一番浸透する地域情報紙を、まずはご活用ください。

全国紙がまんべんなく読まれている山口市での効率的な広告を

朝日・毎日・読売・中国・日経の5紙に折り込み
折り込まれたサンデー山口

山口市は全国紙(朝日新聞・毎日新聞・読売新聞など)の購読数が、それぞれ同じくらいの水準にあります。一つの新聞が突出して読まれているという地域ではなく、全国的にも珍しいことのようです。

「サンデー山口」は、これらの全国紙にまんべんなく折り込まれますので、偏りなく市民のお手元に届く媒体です。どの新聞に折り込んだら効果的か? どの新聞に広告を出したらいいだろう?と、チラシを配布するときに毎回お悩みになるクライアント様や、普段お取引の関係で特定の新聞にしか広告を出せないクライアント様、どんな新聞を購読する市民の方々にも届く「サンデー山口」を選択してみませんか?

市内で良質な顧客の獲得や単価アップを実現できる

山口市は「政治・行政のまち」といわれ、政治行政に関心が高いほか、教育にも熱心な地域柄です。そのため、新聞離れが進むなかで、お金を払ってでも良い知識や情報を得ようという方が多くいらっしゃいます。 そういった方たちは、内容に「質」を求めることが多く、購買や問い合わせなどに至る動機の一番の理由が「質」です。「質」を求める読者様に、自信のある質の高い商品やサービスをおすすめすることで、 少しでも顧客単価のアップなどに貢献できます。

ほかの情報紙では届かないエリア「約9,400世帯28,000人」へのアプローチ

山口市内で唯一、市内全域に配布できる媒体
山口市

山口市は、平成の大合併により県内で一番の面積を有する地域となりました。旧山口市や旧小郡町では、今でもサンデー山口を含むたくさんの地域情報媒体が配布されています。 しかし、阿東・徳佐・阿知須・秋穂の4地域は、範囲も広く、各家が密集していないことから、各戸に配布するポスティング媒体ではカバーしきれていません。

「サンデー山口」は新聞折り込みのため、その4地域にもすべて届きます。その数、なんと約9,400世帯。1世帯3人家族と考えても約28,000人もの読者数となります。この読者にもアプローチできるのが「サンデー山口」です。

<山口市での広告・ブランディングならこちら>

<紙面の概要>
 ・68,200部発行、山口市全域(秋穂・阿知須・阿東・小郡・徳地・山口)に配布
 ・新聞折り込み(朝日・毎日・読売・中国・日経)
 ・毎週水、金、土曜日の週3回発行
<紙面のポイント>
 ・“新聞”として、良質な記事を提供
 ・山口市内で新聞購読をする顧客層を読者にもつ
 ・35年の認知度と信頼度

サンデー山口紙面
記事公開日:2013年9月24日
広告掲載のお申し込み、お問い合わせ
サンデー山口の強み 山口県内での広告・顧客作り

▼地域情報紙サンデー山口についてご覧いただく場合はこちら
サンデー山口の紹介

コピーライト サンデー山口
ページトップへ戻る
Page Top